目次

自宅で開業する方法

女性

手作りの美味しいパンを多くの人に食べてもらいたいとベーカリー開業を目指す人も増えています。お店を出す方法にも色々な種類がありますが、手軽に始められる方法としては、自宅を一部改装し、厨房やお店を持つというものがあります。この場合であれば物件を探す必要もなく、毎月の家賃も発生しません。通勤に時間が掛からないのもメリットといえるでしょう。

様々な販売方法がある

女性

ベーカリー開業を自宅で行う場合も、様々な販売方法があります。店頭で焼き立てのパンを販売することはもちろん、カフェを併設してお茶やコーヒーも一緒に楽しんでもらうこともできます。そして、店頭で販売する場合も毎日ではなく、平日は他の仕事をして週末や週一回など限定して販売することも可能です。このほかでは店頭では販売せずにネット通販に特化するという方法もあります。

本格的にお店を持つ

ベーカリー開業をより本格的なものにするのであれば、自宅開業だけではなく店舗を借りて開業することも考えていきたいところです。この場合は立地の良さが大切ですので、周囲の環境や競合するお店が近くにないかはよく確認しておきましょう。

開業に必要な資格を知る

ベーカリー開業では、様々な資格が必要です。まず、食べ物を出すお店では食品衛生責任者の資格が必要ですが、栄養士や調理師の資格を持っている場合、講習は免除されます。講習を受ける場合でも、一日で終わることができます。それから、サンドイッチなどの調理パンを販売する場合は飲食店営業許可証も必要です。さらに、ベーカリーでも人気の高い菓子パンを製造する場合は菓子製造許可証も必要になります。

広告募集中